なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「みそらーめん(550円)」@小林屋 厚木妻田店の写真休日の夕方、外出先から帰宅した際に家族と合流し、そのまま4人でラーメンを食べに出かけます。家内と娘は味噌ラーメンが好きなので、少し自宅からは距離がありますがコチラのお店にします。クルマでR129をひとっ走りし、18時半ごろお店に到着。やはり、幹線道路沿いの路面店は駐車場が整備されていて利用しやすいですね。店内先客でそこそこ賑わっています。

先ずは店頭の券売機で食券を購入するのですが、デフォのみそらーめんは何と550円から。で、私と家内はみそらーめん(550円)、娘と息子はコーンとバター入りにその大盛チャーシュー増しなどの食券を遠慮なしに買っています。着席してビールで喉を潤していると、7~8分ほどで私たちのラーメン4杯が配膳されました。それにしてもデフォが550円というのは頑張ってますね。

さて私の一杯。赤味噌比率が高そうな味噌スープ、こんもりとトップに揚げネギの載ったもやし・ネギの小山、バラロールの煮豚チャーシュー、味玉半身に海苔といった一杯。こちらは厚木周辺で展開するチェーン店で、私は初めての訪問なのですが、低価格ながらトッピング類にもケチケチしたところがないのは好印象です。では実食。

先ずスープ。高温で炊き出した豚骨のベースに合せるのは、見た目の印象通り、赤味噌比率の高めな合せ味噌と思われます。少しショッパめに振られた印象で、動物系の出汁感もまずはしっかり出ており、チェーン店のスープとしては比較的どっしりとした味わい。

麺は北海道から直送された小林製麺のものとのことですが、なるほど、持ち上げてみると黄色味が強い縮れた熟成麺です。熟成麺らしく滑らかな麺肌に透明感が特徴的。ゆで加減は標準よりやや柔らかめですが、コシはちゃんとあってスープの持ち上げも良好です。

バラロールの煮豚チャーシューも濃い目の味付け。シャキシャキとしたネギやもやしと交互に口に運びながら食べ進めると、ショッパめのスープと相俟って白いご飯が欲しくなってきます。この一杯があればご飯が進む、いわばおかずラーメンみたいなものでしょうか。逆にこの一杯単品でたべていると、終盤やや単調さを感じてきましたが、まずは満足のうちに完食しました。

一杯の価格自体が高くないし、家系の一杯のようにライスをお供に(さすがにライスは無料ではないですが)いろいろな食べ方が楽しめそうに感じた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

家族でラーメン。素敵です。
うちも4人家族なんですが、
これくらいの価格設定が経済的で良いですね(^^)

YMK | 2015年2月12日 08:17

YMKさん、こんにちは。

家内が参加することはまれですが、娘や息子とは二郎などにもよく行きます。
4人でファミレスに行くよりも、ラーメンの方がよっぽど安上がりですしw

NSAS | 2015年2月12日 17:19