なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

昔、「日本一」だった頃、何故かこの店を「海」と呼んでいた一派の方に連れて行ってもらいました。

なんとも・・・おおよそラーメン屋がある様にみえない地域にヒッソリとあろます。店は。
近づくにつれ、田舎特有の肥やし臭さに混じって、濃厚な豚骨を煮出すオイニーがするじゃりませんか?
東京生まれのモヤシ野郎な私ですが・・・これは覚えがあるオイニー。
そう、九州豚骨をウリにする「桂花」やらが放つオイニーでした。。。

店内は、こんな強烈な豚野郎臭・・・否、酪農家の厩舎みたいな臭いにもかかわらず、子供連れが多い(苦笑)
チャーシューメンをオーダーし、出されたラーメンのスープを一口飲んで納得です。

濃厚な豚の臭気に反して、物凄くアッサリめな味なのです。
色は、とても茶系でヤヴァイ感じなんですが・・・何故、このサッパリ感なのか?

狐につままれた様な気持ちで食べ進めます・・・。

チャーシューが美味い!
昨今は、肉とは思えないくらいホロホロというか、ボロボロなモノが多い中、シッカリとした噛み応えと、パサパサにならないポイントを見定めたような、ヒジョーに肉々しい焼豚で好感がもてます。

気がつけば、スープも完飲しかねない勢いで食べていました。。。


店主の変人オーラが、初見の私にももの凄くヒシヒシと伝わってきましたが・・・長く続けて欲しいな~と・・・少し思いました、と(;^ω^)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。