なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油らーめん 756円」@らーめん初代の写真平日の12時に到着。既に外に列ができているのが見え、車を坂の上の駐車場に停めて来店。以前はこの界隈に来ることがあったが、小樽でラーメンを食べるのは初めてである。10分少々待って奥のカウンターに着席。店内レイアウトが少し独特のお店である。場所柄団体の方も入っていた。基本メニュー的な位置付けの掲題のメニューをオーダー。お店はトッピングメニューには玉子が無く、それが個性的に思えた。

出てきた一杯は、大きめなチャーシューが目立っており、軽く油膜が張っていたビジュアルが何となく北国のラーメンという印象を与えていた。スープを飲んでみると、醤油の風味と出汁からの味がはっきり出ていて美味しい!油膜はあったので油っこいかなと思ったが、意外とサラッとしていて、それが旨みに繋がっている。出汁はかなり複雑性があり、鶏・昆布・煮干からの出汁がメインで貝系と動物系の味が見え隠れしている。素晴らしいスープである。麺は中位の少しウエーブのかかった麺で、つるつるとしているのが特徴的である。食べてみるとスープと馴染んでパツンと切れる食感が美味しい!丁度良く馴染んでおり、スルスルと入っていく。茹で加減もやや硬めなのがこの麺の持ち味を出しているのだと思った。途中から止まらない感覚になった。麺量は標準的といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・海苔・輪切りねぎ。チャーシューは大きめでホロッとする柔らかさで、肉由来の旨みが出ていて美味しい!スープにも馴染んでおり、旨さが引き出されていた。メンマは自然な味がしており、食感もGOOD!海苔とねぎも美味しく食べることができた。

一見油っこそうでシンプルなビジュアルだが、一つ一つ目が行き届いているように感じられたラーメンで、旨さがしっかりしており、隙の無さが感じ取れたラーメン。醤油の味に複雑な出汁が融合して強いシナジーを出しており、麺もスープに必要以上に絡むことなく存在感があり、麺の旨みもしっかり出ていた。具材も余計にいろいろ載せず、しっかりとした美味しさで素材の旨さがはっきりしていた。また来たいお店であり、次回は大盛りで食べようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。