なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「汐留らーめん(こってり)」@汐留らーめんの写真070725昼
並んでいるところを知り合いに見られるのではないか・・・と、ちょっと照れがあり、これまで訪れていなかった。
日本テレビ開局50周年企画「ズームイン!!SUPER」の企画から誕生した、「汐留らーめん」。2003年8月1日のオープンなので、丸4年を迎える。
11時40分に並んだが、12人の行列だ。夏休みということもあり、ファミリーが多い。
カウンターだけの店だが広い店内。25席はあるだろうか。色とりどりのTシャツ若い店員が9人もいて動き回っているが、その割りには回転が悪い。座ってからも随分待たされる。暇なので夏休みイベント真っ最中の日テレ会場をぼんやりと眺めると、天然おバカキャラで人気の女子アナがガードマンに守られ登場。ビップなタレント並の扱いに、勘違いするのも当たり前かと1人納得する。
そんなこんなで「汐留らーめん」が運ばれてきた。濃厚そうな黄土色のスープ。揚げネギが浮かんでいる。こってりは豚骨と鶏ガラを煮込んでさらに小鯛の煮干とスルメを加える独特の調理方法だということだが、確かにスルメと風味を感じる。ただし鯛の存在はどこにいっちゃったの・・・。こってりということだけあって、ラードが多めに入っていて、膜を張るほどなのだが、これはいくらなんでも多すぎではないか。出汁でこってりをもっと表現して欲しい。
麺は中太のストレート麺。玉子が入っているらしくかなり黄色い。プリプリした食感で、歯応えは強い。なかなかいい麺だ。どちらかと言えばつけ麺に合うのではないか。
具は、チャーシュー、ほうれん草、メンマ、半熟玉子、のり。チャーシューは柔らかく私の好みではない。「どこにもないラーメン」がコンセプトだっただけに、もう少し創意工夫をして欲しい。要はもっと強烈な個性を出して欲しい。
しかし食べおわるまでたっぶり30分かかった。わざわざ地方からこのラーメンを食べに来た人も多いだろう。果たしてどれだけの人の舌を満足させたのか疑問だ。このラーメンが東京を代表するラーメンとは思って欲しくない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。