なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「生姜あえそば(700円)(夜限定)大盛+ハイネケン(350円)」@麺処美空の写真平日の夜9時近くに訪問。いつの間にか増えていた新メニューの生姜あえそば(700円)(夜限定)大盛とハイネケン(350円)の食券を券売機で購入しカウンター席へ。

待っている間に出てくると思わなかったつまみとビールを頂く。
つまみは短冊状に切られたチャーシューの切れ端に刻んだネギ。それに甘辛いタレがかかったもの。タレの分少ししょっぱくて軽い口当たりのハイネケンとはあまり相性はよろしく無いが卓上の黒胡椒をかけると良い感じ。次からはオリオンの方にしよう。

5分強してから一杯登場。
あえそばとは別皿で山盛りのおろし生姜にひとさじ分のゆず胡椒。
麺はいつもの幅広の物で水でしめられているが冷たすぎずこの季節には有り難い。茹で加減は少し柔らかめ。タレは他メニューで使われている薄口醤油の物と思われるものが底の方に溜まっている。
麺の上にメンマ、短冊状に切られたチャーシュー、刻みネギ、ホウレン草、海苔と鰹節と思われる魚粉が乗せられ、これらを混ぜて最初はゆず胡椒と合わせて頂く様にと店主からコメント。
まずは丼の中だけ混ぜて一口。魚粉の香が良いがそれ以外は他のメニューと変わり映えしないなと思っていたが、ほんの少しゆず胡椒を加えると感動的な変化。魚粉とゆず胡椒の香に支配された一口は爽やかでコクを感じるという反則技みたいで旨いw
山盛りの生姜はそのまま投入せず、上から箸で押さえて絞り汁のみを入れて頂く。しっかり生姜の香りがありつつも辛さは抑えられ、これもいける。
その後固形物の生姜も投入して楽しんだが半分余った。最後はスープ割りをしてくれるとの事だったのでそれもお願いして完食。
ちなみにここのチャーシューは暖かいものより冷たい方が美味しく感じました。

その後店主に感想を求められたので、素人ながらも上記の感想を伝えさせてもらいました。何でもこのメニュー、本日からの新メニューで試行錯誤中との事。先週は大震災の影響で早仕舞いしており提供を今日に見送っていたと裏話も。
つけめんも予定しているとの情報も頂き気持ちよく退店。
満足。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。