なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「黄金炒飯」@中華街 桂宮の写真【要約】玉子焼きと一緒に焼き固められた異色の炒飯。
【入店状況】1751入店。1Fフロア先客2名、後続4名。2Fは宴会のようだが人数は不明。まだ夜になる前なので比較的空いている。
【注文】黄金チャハーン(税別1000円)。
【待ち時間】7分。
【ご飯】一度炒めた飯を再度、玉子と一緒に平たく焼き固めた飯だろうか。自分の炒飯に関する認識を覆す平べったいものだ。こういう炒飯もあるのか。スプーンとフォークを使ってピザのように切り分けながら食べる。味付けは思ったよりは強くない。
【具】ご飯を裏から包む薄焼きの玉子。ご飯内には刻み叉焼、刻み椎茸、葱が入っている。ご飯の上には飾りとしてパクチーが乗る。ご飯内の具の量は多くはないが、具が舌に触れるとしっかり存在を主張してくる。ここの叉焼も塊で食べたらなお美味そうだ。
【オプション】特になし。
【感想】実はこの日は、『孤独のグルメ Season8』初日放映の舞台となった、南粤美食で食べようと思ったのだが、生憎、この日は予約客のみ受付。ということでなんとなく中華街大通りで代わりの店を物色していたのだが、そのときに目に留まった異色の見た目の炒飯を試してみた。こんなタイプの炒飯もあるのかというのが素直な驚き。ボリュームはそれほど無いので、複数人で飲み食いした後、最後の〆でこの炒飯をシェアして食べるのは良さそうだ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

これは面白い!
チャーハン玉子焼き

結構ボリュームありそうなので
飽きちゃいそうですね(爆)

あかいら! | 2019年10月5日 13:42

あかいら!さん、こんにちは。

>結構ボリュームありそうなので
なので、シェアして食べるくらいがちょうど良いのかもしれませんね~

ぬこ@横浜 | 2019年10月7日 06:30