なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:15頃訪問。店外待ち約10名に接続し、15分程待ってから入店、着席。店は地下の飲食店街にあり、簡素な内装。テーブル席のみが設けられている。男女数名の店員さんによる切り盛りで、接客は普通。

本メニューを選択。「こってり」は、注文時にリクエスト可。暫く待って配膳された。

スープは、醤油の色目が割と穏やかに出ている清湯。表層を細かい背脂がビッシリと覆っている。
飲んでみると、基本的にアッサリとしているが、十分なコクと旨みが確保されており文句無し。喜多方ラーメンを想起させる清々しい味わいだ。背脂も過度の重さにはつながっておらず、非常に良い役割を果たしている。
醤油ダレの立ち方も適度。過度のトガりは無いものの、何ら不足の無いキレをもたらしている。
途中、卓上の柚子胡椒、黒胡椒を加えてみると、いずれも良い味変になってくれた。

麺は、縮れを有する平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。フルフル感を伴うツルツル&モチモチ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。良い麺だと思う。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。具と合わせると、自分には程好い満腹感が得られた。

具として、雲吞は6つも乗っているのが嬉しいところ。餡はプリプリとした質感。程好く生姜の効いた味付けで美味。
チャーシューは、十分な厚みを有する豚バラ肉が1枚。トロトロに柔らかく、適度な味付け。文句無しの旨さだ。
メンマは柔らかく、存在感が今一つ。
中央には、刻まれた白葱と青葱が乗せられる。

ラーメン専門店では無いが、十分なクオリティを有する一杯を、しっかりと楽しむ事が出来た。ただ、価格設定が高めなのは場所柄仕方ないとしても、POPやメニュー中の表示が税別になっている点が不愉快。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。