なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「A5黒毛和牛醤油らぁめん」@MENSHO SAN FRANCISCOの写真1950円。2019.07.14(日)、13:30前に訪問。女子の買い物に付合うことになり、飯はコチラで。ついさっきまで4,5人待ちだったが、10人弱待ちになっていた。デジタル券売機に向かうと表のメニュー書きにはない鶏醤油系のラーメンもある。よくある高いヤツを前面に押し出すタイプ。席数が多いので、さほど待たずに着席。卓上には黒胡椒ミルのみ。
もちもち餃子と↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1249151.html

配膳時、鹿児島県産のA5黒毛和牛(リブロースだったか)だと説明が入る。
端が少し焦げているが、低温調理なのか軽くバーナーなのか、生に近いレア。
2mmくらいの薄さ。小豆島粉醤油、チャービル、柚子が乗っている。
そのまま食べるのがいいのか、スープで火を通すのがいいのかは客判断っぽいが、そのままを選択。
薄い故もあるが、箸で簡単にほぐれる。口の中でとろけるに近い感覚。
上品な旨い生肉牛。確かに1000円レベルな感じの旨味。
1000円でステーキガッツリ食ったほうが満足感あるので、こんな機会でもないと食べないが。

スープは、この肉のために作ったスープらしい。
鶏醤油スープ。だと思ったが、ググってみると恐らく公式発表が牛のゲンコツらしい。
鶏ガラも使っていそうな気が。表面のオイルは牛脂?鶏油?
動物感はちゃんとあるが、牛特有の風味はわかるレベルでは感じられない。

店の壁に昆布グルタミン酸、鰹イノシン酸の英語説明書きあり。
鰹節は前面には出ておらず、昆布とともに出汁で旨みを下支えしている感じ。
醤油は角なし。タレも小豆島産なのかは不明。主張はほどほどで目立ちはしない。塩気は適度。
出汁感、旨味感が強い感覚はあるが、バランスは無難でスープ自体のアクセントは弱い。
何も知らずに食べたら、いい配合の化調鶏醤油スープだと言われても信じてしまうかも。

ガーリックチップ、黒胡椒がいいアクセントになっている。
特にガーリックチップは優秀。コレがないと下手をすると終盤飽きる。

平打ち太ウェーブ麺。
キヌア入り。加水は中くらいか。小麦風味は普通にはある。
キヌア風味は正直わからんが、健康にいいのだろう。
小麦の中の僅かを摂取したところで何も変わらないと思うので、プラシーボ効果のみだと思うが。
カットは少し短めで啜りやすい。スープの持ち上げも悪くなし。
丼が小さく見えるが、底が幅広で意外と麺が入っている。
少ない店の中盛り量くらいか。

メンマがけっこう入っている。薄め硬めで薄味。好み。
青菜の茎のようなものもある程度。コレがいい食感と風味で好みだったのだが、正体はわからず。

肉ありきで作ったラーメンなので、A5黒毛和牛をラーメンと合わせて食べたい!
という変態(けなしてはいない)以外は2度目は食べないだろうと思われる。
ラーメンだけで言っても、意外とバランス型でもう少し醤油の風味なり、牛骨風味なり柱かアクセントが欲しいところ。
肉はちゃんと1000円レベルの味わいなので、CPはいいのかも知れない。

ちなみに友人が食べた鶏白湯。レンゲで三口しか飲んでいないが、豆乳が入っている故のあっさり感が個人的には微妙。女子ウケ狙いな感じ。にしても鶏白湯とのバランスがいいとは思えない出来。1杯で食べれば印象が変わるのかもしれないけれども。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

noさん、こんにちは。

薄切りとはいえ、丼を覆う牛肉のインパクトは大きいですね。

>肉はちゃんと1000円レベルの味わいなので、CPはいいのかも知れない。
キワモノ系ではありますが、これなら一度は試してみたいですね。Twitter受けは良さそうだし。

ぬこ@横浜 | 2019年7月17日 05:53