なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューメン かため 1100円」@共楽の写真昭和30年創業という銀座の老舗、共楽を初訪問。ビルの建て替えのため3年ほど休業していたとのこと。その味は、まさに中華そばのルーツここにあり。同じ東京ラーメンの正統派、永福町大勝軒や荻窪丸長と似たところもあるが、鶏ガラ、豚骨、鰹節、煮干しなどでバランス良く出汁をとる一方、かえしの焼豚ダレはパンチがあり、出来上がったスープの表面にはラードの油膜と少量の背脂が浮かぶファイター系。脂身の少ない肩ロースの焼豚はメルティさが一切なく肉々しい。そして麺は中太で低加水の自家製麺。格闘技で言えば関節技を決める老練なテクニシャンといったところか。決して派手さはないが毎日食しても飽きがこない味。美味さにテンションが上がり、いつもより速いペースで麺を啜ってしまった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。