なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【月曜限定】カレー豚骨そば  +替玉:かた」@信州麺屋 きまはち商店の写真1月某日、昼、本日は月末の月曜日、今月も目途が付いた中、午前中はオフィスでデスクワーク。その後、諏訪~松本の巡回に出かける前の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

「きまはち」グループの2号店だった「きまはち商店」が移転、こちらにあった「きまはち家 たすろう商店」と発展的統合を遂げた店。ベースは好みの豚骨であるからして安心して突撃出来るのである。

12:10着、先客20名くらい、カウンター席に着座、後客9名。メニュー検討、「月曜日はカレーの日」と言う事で、かつての「きまはち家 たすろう商店」で限定だったカレーラーメンとカレーつけ麺がメニューにある。そこで‘カレー豚骨そば’(830円税込)でイッテみる。

おねーさんに券を渡すと、「紙エプロンは使いますか?」のアナウンスされるが、本日はこぎたねージャンパーであるからして、別に汚れてもイイからパス。そして「替玉」(100円)もあるので、後ほどイクつもり。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ほぐし肉、メンマ、モヤシ、ミズナ、焦がしニンニクチップ、刻みネギ、辛味油が、カレースープに乗っている。

スープから。弱粘度のあるスープはまったりとした濃厚な豚骨メインの旨味とコクがベースにあり、動物感はたっぷりと味わえる。そこに融合しているカレーのテイストも濃厚であり、ライトなスパイシーテイストも味わえる。塩分濃度も高めであり、加えて香味油でのオイリーさも関与して来るので、かなりヘヴィーなカレーテイストは健在である。私的にはショッパーさもオイリーさも何ら問題無し。相変わらず濃厚で実にイケる豚骨カレースープである。

麺は断面丸めのストレートな極細麺。加水率少なめの所謂博多麺で、茹で加減の指定はしなかったが、茹で加減硬めが良く、ホキホキとした粉っぽさも感じる食感が実にイイ。細麺に濃厚なカレースープもたっぷりと絡みまくるので、スープを食ってる感がイイ。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラ煮豚チャーシュー。ホロホロと柔らかく、醤油ダレの味付けも濃厚で美味い。ほぐし肉は、うーむ、チキンっぽい肉の様な気がしなくもない。濃厚スープを敢えて絡ませて飲み込む。メンマは細がきのコリコリの歯応えが実にイイ。モヤシもシャクシャクの歯応えがイイ。ミズナは少量。焦がしニンニクチップはプチ香ばしさが漂って来る。刻みネギは青ネギでのフレッシュな薬味感が効いている。

途中で「替玉」を「かため」でオーダー。15秒ほどでフィードバック、更にホキホキさが際立った食感が良く、腹も満タンに満たされる。この自家製麺は実に美味いのである。

スープ完飲。半年ばかし前に、こちらにあった「きまはち家 たすろう商店」のグルメ情報誌「Komachi」とのコラボ限定メニューであった一杯が、「月曜日はカレーの日」で復活したという事でイッた「カレー豚骨そば」。それは濃厚な豚骨ベースにプチスパイシーなカレーが融合したヘヴィーテイストで実に美味かった。初食時の印象が良かった品だけに、限定復活は嬉しいところ。次回は「カレーつけ麺」もイツてみたくなる、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。