なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:30前に訪問。ほぼ満席だった。店内は奥に向かって細長い間取りとなっており、壁に対面するカウンターと3つのテーブル席が設けられている。不潔感等は無く、居心地は悪くない。男性3名女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

期間限定で復活という本メニューを選択。暫く待って配膳された。味変用にと酢と辣油も供される。

麺は、ほぼストレートの真っ白い太麺。角ばった断面を有する。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。程好い弾力性を伴うツルツル&モッチリ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。汁無し系にはピタリとハマる良い麺だ。
量は普通位。自分には程好い満腹度が得られたが、デフォでもう少し増量するか大盛無料にして頂きたいところ。

タレは、丼の底に適量溜まっている。色目は醤油のもので、アブラ分由来のトロみが感じられる。
よく混ぜてから食べてみると、アブラ分のコク、程好いコッテリ感と醤油のキレがバランス良く共存。少量の鰹節も存在しており、巧みに「和」のニュアンスを付与している。仄かに感得される甘みも味わいを深めており文句無し。
多めの辣油と少量の酢を投入すると、非常に良い味変に。カウンター上の黒胡椒も良いパンチをもたらしてくれた。

具として、チャーシューは、十分なサイズを有するサイコロ状のものが6つ程乗る。固い肉質で、パサつきが無いのは良いのだが、ジューシーに欠けるのが残念。オーソドックスな味付けは悪くない。
味玉は、黄身ゼリー状の絶妙な仕上がり。濃厚な味付けが施されており美味。
メンマは、短く太いものが3本。強めの歯応えで、クセの無い味付け。良い箸休めになっている。
他に、刻み玉葱&葱、刻み海苔、フライドオニオン、なると。よく調和しているが、特に、刻み玉葱の風味と食感は良いアクセントになってくれた。

基本的なつくりはシンプルだが、細かいアレンジが奏功しており文句無しの旨さ。この系列の本気度が窺える油そばを大いに楽しむ事が出来た。ただ、個人的には、大盛100円、割り飯60円という設定がちょっと残念。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。