なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本白味 +味玉&キクラゲ&のり:㋚券 +替玉:粉落とし」@信州麺屋 きまはち商店の写真12月某日、昼、本日は月曜日、週末の土日休みに信州の冬を越すべく必需品の野沢菜もしっかり1樽漬け終わり一安心だ。オフィスでのデスクワークの後、諏訪へ向かう途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

こちら「きまはち商店」が閉店し、「きまはち家 たすろう商店」と合体した新生「きまはち商店」。よって「博多ラーメン」の他にも「家系」「二郎インスパ」が味わえるマルチなラーメン店。今回はウリの「博多」狙いとする。

13:40着、先客11名、カウンター席に着座、後客7名。取りあえずメニューチェック、「月曜日はカレーの日」と言う事で、かつて限定のカレー豚骨そばやカレーつけ麺も気になるところであるが、ここは初志貫徹、‘本白味’(680円税込)でイク。

おねーさんにこれを「バリかた」で、そして新生オープンセールで貰った「トッピング200円サービス券」で「味玉」、「キグラゲ」、「のり」をトッピする。腹ヘリなので、例によって後ほど「替玉」をイクとする。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、増量なったキクラゲ、刻みネギ、そして味玉、のり3枚が、ラード玉の浮く豚骨スープに乗っている。

スープから。豚骨スープは適度は豚クササを伴った豚のコクと旨味が満載で、キッチリとした豚骨の炊き出し感を味わえる。若干豚豚感に薄さを感じなくも無いが、この手のスープに多少のブレはつき物。それでもラードを伴った濃厚な豚骨感はキープされているので不満は無い。合わせられたカエシはショッパーながらも豚の旨味を支えている。課長のウマミも申し分無し。実に美味い豚骨スープである。

麺は断面丸めのストレートな極細麺。自家製麺での加水率少なめの所謂博多麺。「バリかた」の茹で加減良く、ホキホキとした食感が実にイイ。小麦の風味も味わえる。実に美味い麺である。

具のチャーシューは薄切りの豚モモチャーシュー、薄味付けでしっとりとした豚肉の旨味が味わえる。キクラゲはコリコリ、今回は増量したのでたっぷりとその食感とテイストを楽しめる。刻みネギは青ネギのフレッシュなネギ薬味を添えている。味玉は醤油ダレがうっすらと滲みており美味い。のりも磯風味が香る。

途中で替玉を「粉おとし」でコール、20秒ほどで到着。卓上の「辛子高菜」をたっぷり投入してスパイシー仕様でイク。硬めのレアなホキホキ食感がまたイイ。「辛子高菜」でのスパイシーさが豚骨に良く合う。

スープ完飲。新生なって三刀流として生まれ変わったこちらの「きまはち」での「本白味」。それは例によって豚骨の炊き出し感ある豚の旨味が効いた豚骨スープと、自家製麺での小麦の香る極細麺でのコラボの博多ラーメンで、本場のテイストと遜色の無い濃厚な豚骨感が味わえて美味かった。豚骨好きならば間違いの無い一杯だ、と断言する。今回はサービス券で装備も補強され満足出来た。まだ今月末期限のサービス券も残っているからして、次回は「二郎インスパ」でイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。