なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】塩そば (大盛り) +味玉:サービス券」@信州麺屋 きまはち商店の写真11月某日、昼、本日は松本~諏訪の巡回の後、15:00からは我が社のおねーさんチームとの会議が待ち受けているからしてオフィスに戻る。その途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

情報誌「長野Komachi」のラーメン特集に載っていたワンコインラーメンが目当て。一昨日も「けん軒」で実に美味いワンコインラーメンをイッテいるが、こちらの店の一杯は如何に?

13:45着、先客4名、カウンター席に着座、後客3名。早速、件の限定となる‘塩そば’(500円税込)を腹ヘリなので「大盛り」(100円)でイク。更にこちらで貰ったサービス券で「味玉」もトッピングする。

「長野Komachi」でのラーメン特集は幾つかのパートがあり、今回の「500円ラーメン」は4店舗の限定が掲載されている。その内、「凌駕 IDÉA」「けん軒」に続き、こちらが3店舗目。過去の2店はどれもが美味く、「豚野郎」として御用達のこちらの一杯も当然、不味かろう筈が無い。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、刻みネギ、そして味玉が、背脂のびっしりと張られた塩豚骨スープに乗っている。

スープから。兎に角、好みの背脂びっしりで「セアブラー」としてはこの時点でK点到達。クセの無い背脂の甘味に重なって豚骨での動物系のコクはたっぷり。但し、こちらの博多系に比べるとライトな炊き出し感となっている。合わせられた塩ダレは塩分濃度は適宜で、まろっとしたカドの無い塩の旨味が味わえる。豚の旨味に加えて課長のウマミもミックスされ、塩ダレでの軽やかな豚豚感をストレートに味わえる。実に美味い塩豚骨スープに纏まっているのだ。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。こちらの博多系の細麺では無く、中加水の中華麺で、茹で加減やや硬めに揚がり、相応なコシのあるツルモチとした食感がイイ。好みの背脂もたっぷりと絡んで来る。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚モモ肉チャーシュー。燻製の様な風味が残った薄味付けで、モモ肉の旨味がしっかりと味わえる。メンマは「きまはち」らしい細がきメンマで、醤油の香る味付けが滲みた柔らかコリコリとした食感が楽しめる。刻みネギの薬味感は良好に効いている。味玉は醤油ダレの滲みた美味いモノ。

スープ完飲。丼底には骨粉が認められ、ライトながらも炊き出し感はしっかりと確保されているのが分る。11月に入っての初めての一杯は豚野郎として御用達のこちらの店での「塩そば」。それは「長野Komachi」とのコラボのワンコインラーメンであったが、好みの背脂がたっぷりでライトな塩豚骨スープながらも豚豚感はたんまりと味わえる逸品。ワンコインとしてのCPもバツグンな一杯で実に美味かった。値段が高くてもイマイチなラーメンも溢れているこのご時世、是非ともレギュラー化を熱望したい一杯である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。