なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「干し姫海老と根昆布冷やしラーメン+めぢか新子寿司1000円」@食堂酒場 Graciaの写真【胃の中がHOT!HOT!】
お盆休み前にして、本日限定ランチが4種も登場。
掲題メニューを注文すると「あ、へタレセットね」とマスター。
並行してオレの名前が入ったメニュー(浅草橋ヒヤミしびれはなぢラーメン)があるにも関わらず、海老昆布をチョイスしたからだ。
そのへタレメニューは名前の通り、海老と昆布の味が染みわたる旨いスープにやまぐちの麺が絡む。
根昆布を麺と絡め、ネバネバの食感を楽しみつつ、口の中には塩が効いた昆布の旨みが広がっていく。
スープのベースは貝のようで、コハク酸の旨みもギュインギュインに効いている。
しばらくすると「これも食べてもらわなきゃ」と真っ赤な液体が入った小丼が置かれた。
ヒヤミしびれはなぢの登場だ。
中本インスパイアと言っていたので、先に食べると他のものの味が分からなくなってしまう為、最後のデザートに回す。
セットの新子寿司が驚きの逸品。
知識が無かったので「めぢか新子」を調べると、ソウダ鰹の幼魚にあたるそうだ。
酢を効かせた酸味が夏らしく、噛み締めるとジンワリと凝縮された味が伝わってくる。
鮮度落ちが早く、一般には殆ど出回らない魚らしく、恭しく大切に頂いた。
そしてヒヤミ。
「先に麺を口に含んで、レンゲでスープを飲むと噎せないから」と中本の達人であるマスターが教えてくれた通りに食べる。
辛さ10倍(って事は北極?!)というそのスープは、かなり辛いが旨みはちゃんと感じられ、後から鋭角的に山椒が攻撃してくるもの。
でも癖になる味で、噎せずに汁完。
ただ身体は正直で、会社へ戻ってから30分くらいは汗が止まらず、胃の中が燃えるように熱を持っているのが、はっきりと感じられる程だった。
今も思い出したら、首筋からの汗が止めどなく流れてきているんですけど〜

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 88件

コメント

まだコメントがありません。