なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「カミナリラーメン ¥600」@赤城ラーメンの写真2017.06.20

おまえも、蝋人形にしてやろうか…。東日本落雷研究所 次所長のライデン湯澤ですm(_ _"m)ペコリ

本日は前橋市の落雷現場へ。前橋と言っても、市街を眼下に望む郊外の住宅地。
しかも、往年の集合住宅の一階に、お店は立地。
こんな所に!?

11:53入店、辺鄙な立地なのに店内満席!? 複雑な造りで確認できませんが、奥の座敷まで満席の様子。フロア担当の奥様の配慮で、入口付近のテーブル席に相席させて頂きます。
早速、卓上のメニューをチェック。や、安い…。ラーメン400円に餃子は200円…。600円の“カミナリラーメン”を、お冷とオシボリを運んで下さった奥様にオーダー。

混雑の為か19分程掛かって、炒め野菜煮込み系の一杯が登場。
値段の割にはボリューミー。しかも、具材にコンニャク! さすが! グソマ!!

早速、オレンジ色の憎い奴から。
ズズズズズズズ~~。ん…、旨味が…。
コクと味わいを演出する、ベースの味噌。そこに豆板醤の様な酸味も伴った、喉を刺激する程度のライトな辛味。程良いコクに、程良い辛味そして塩分。しかし、物足りなさを覚える旨味(甘味)。炒め野菜からも旨味が出ているのですが、もう少しハッキリとした旨味(甘味)が欲しいところ。

お次は中細のウェーブ麺を。
チュルルルルルル~~。ん、サッポ○一番ライクw
ツルツルの啜り心地に、ムニュムニュした歯触り。サッ○ロ一番の袋麺を太めにした印象ですが、しっかりしたシコシコ感は、さすが製麺所製。優しく家庭的な味わいで、スープの絡みも上々。

炒め野菜の具には、白菜、ホウレン草、タケノコの水煮、椎茸、コンニャク。それぞれが柔らく煮込まれ、更なる家庭的な味わいを演出。そんな中、コンニャクの食感は特異。個人的に必要性は…。
丼底には、やや多めの挽肉。肉本来の持つ、コク・旨味を良く足していますが、まだまだ旨味不足。
多量に溶かされた卵。2、3個分はあるでしょうか。柔らかかな円やかさと旨味を足していますが、やはり、まだまだ旨味不足。カキタマと味噌が合わさると、ますます増す○ッポロ一番感。とても、シッポリ♪


後半、少し塩分が強く感じますが、家庭的で非常に優しい味わいの一杯。
お値段もかなり良心的m(_ _"m)ペコリ

判りづらい立地にもかかわらず、次々に訪れる後客。隠れた人気店なのでしょうか。
賑やかな店から一歩外にでると、非常に閑静な住宅街。ここは、『時の脇道』?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。