なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩 (細麺)  800円」@麺庵ちとせの写真5日前にレビューを投稿した<油そば>の時は、
いつから発売、という記述がなかった
「ちとせ」の公式ブログですが。

今回の<塩>のリニューアルは告知がありましたよ。
「8/15(火)から 塩らぁ麺 提供致します!」
はい、ありがとうございます、わかりやすいです(笑)。
提供2日目の昨日にいただいてきました。

11時22分の到着でシャッターズ5番手。
11時半の開店待ちは8名。
11時55分の退店時に店内外で12名の行列。

「塩タレの岩塩をモンゴルのジャムツダウス
に変更致しました。」とのことで、またまた
刷新が施されたこの<塩>は、告知の通り、
塩分が実に柔らかいスープになっています。

最初のひと口で感じるのは、以前よりも
マイルドに洗練されている貝類のダシ。
そこを昆布が支えて、食べ進むうちに鶏の
厚みがしっかり積み重なっていく。
そんなスープと言えばいいでしょうか。

<醤油>が麗しくて、<担担麺>が華やかで、
<油そば>がパンチをガツンだとすると、
この<塩>はさっぱりとした味わいでベースの
スープそのものを浮き彫りにする味覚になっています。
4つのメニューのキャラクター分けが以前よりも
明確になる仕上がりだと思います。

塩ダレは優しいのですが、でも、
物足りなさは微塵も感じません。
むしろ、完全無化調の作りなのに最初のひと口から
旨いと思わせるダシの厚みに惚れ惚れとさせられます。
まさに、味付けではなくダシの旨さで食べさせる
私好みのらーめんなのです。

まあ間違いないく、質の高い素材をふんだんに使い、
丁寧にダシが引かれているのでしょう。
世の中的には、塩味と称する食べ物の大半は
塩味じゃなくて化調味なわけですが。
この<塩>は、堂々リアルな塩味。
ダシの旨さを際立たせるための塩味です。

全粒粉を使った国産小麦100%の自家製細麺。
7月末の新規開店以降に、より一層
肉自体の味が前に出るようになった豚チャー3枚。
サービスしていただいた味玉。

丼全体の調和も言うことありません。
しっかり完食してフィニッシュとなりました。

才気走っているという点ではリニューアル前の
<塩>の方が優勢かも知れませんが、
今回の<塩>は、より上記のようなご主人の
“意図”を感じさせる作りになっています。

料理というのはひとつひとつの作業にすべて
意味があるわけですが、今の「ちとせ」は
それがメニューやお店の全体に行き渡っている━━。

すべてのメニューを体験してみると、
「ちとせ」の凄みがよりはっきりと理解できるはずです。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 61件

コメント

おはようございます
意図を感じるラーメンですね!
全てを食べ尽くしてるからこそ感じる感想ですね\(^o^)/

キング | 2017年8月18日 08:38

ちとせは本当に楽しませてくれますね。

ワッチ | 2017年8月18日 09:52

こんにちは。
今度のブログは明確でしたね(笑)
そのブログに、
「まろやかな優しい塩らぁ麺ですので
しょっぱさお求めの方にはオススメできません!」
とありますが、正にその通りの様ですね。
機会を作りたくなりました。

おゆ・Sometimes | 2017年8月18日 11:37

こんにちは〜
今日やっと行けるので表題を楽しみにしています✨
円やかな塩は好みなので楽しみです♪

銀あんどプー | 2017年8月18日 12:27

塩もリニューアルしたんですね。
食べに行きたいけど、タイミングが合わない。。(泣)
あ〜〜 食べたい

NORTH | 2017年8月18日 13:13

こんにちは。
塩も復活したんですね!塩と油そばがすごく気になってるので行きたいですが、やはり昼営業のみのハードルがやや厄介です(>_<)夜営業復活しないですかね~

poti | 2017年8月18日 15:47

こんにちは。

この日は所用で上京したのでこちらに伺うか九段下に行くかで悩みました。
まいけるさんいるかなと思い九段下に行ってしまったのですがこちらにすればよかったです(>_<)。
今度は連絡入れますね。

glucose(また一時休止) | 2017年8月18日 16:28