なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「404塩そば ¥780」@404の写真2016.11.22

塩が来る前に、もう一度あの人と巡り会いたい。

前店に続き、向かうは火曜限定営業のコチラ。
12:01到着、外待ち9名。券売機で“塩”の食券を購入し、行列に接続。待つこと9分で、既にお冷の置かれたテーブル席に案内されます。

更に待つこと14分でラーメン登場。
鶏がダイレクトに薫ります。

先ずは薄っすら琥珀色のスープを。
ジュウルルルルルル~~。ウオッ~~~! 鶏ド~~ンヽ(=´▽`=)ノ
口当たりはシッカリ鶏油のオイリーさ、そこに濃厚に鶏、鶏、鶏。
舌先から喉奥までドップリ広がる鶏の旨味。鶏に合わせてか、塩分もややハッキリ目の様ですが、バランスは中々。濃厚なのにサッパリしているのは、煮出し方? 非常に柔らかな後味。結構、ストレートな美味しさ。
先ほどの“麺蔵あつお”さんが円熟の味なら、こちらは、若々しさを覚える淡麗鶏塩w
美味しいですm(_ _"m)ペコリ

お次はストレートの細麺を。
ゾッゾゾゾゾゾゾッゾ~~。あ、良いw
ツルツル啜り心地に、プチプチした歯触り。噛み締めると、少しザクっとした歯応え。風味が弱いのか、スープが強いのか、麺自体の味わいは薄めの出様ですが、ややオイリーなスープには、良く合う食感。

具には、穂先メンマ、バラチャーシュー、レアチャーシュー。薬味の青ネギ・白ネギはスープに、浸らないようにチャーシューの上に。
柔らかな仕上がりの穂先メンマは、旨味・風味とも濃厚。スープに負けない、程良い味付け。
バラ肉チャーシュー旨! 味付けは控え目なのに、染み出すカエシは芳醇な旨味・香り。肉本来の旨味も見事に融合し、ウンマイm(_ _"m)ペコリ
レアチャーシューは、噛み切りづらいコニャコニャの食感。味付けは極力控え目で、喉越しで『肉』本来のコクを感じさせます。
細切りの白ネギは、辛味やクセは弱め。上品な風味が、非常に良く映えます。
輪切りの青ネギは、風味・味わい共に控え目で、シャリシャリの歯触りを感じるのみ。


後半、ほんの少しなのですが、鶏臭さもチラリw しかし、鶏の旨さは全開!
力強い鶏を前面に感じさせながらも、上品な仕上がりで淡麗さも兼備。

躍動感を感じる一杯。


帰り際、店主さんと少しお話。
毎回、鶏の煮出しや、塩分等、微量に調節されているそうです。ちなみにこの日は、「塩分強め」の設定だったそうな♪
色々な研究をされ、更なる向上を目指しているのですね。

これからも独立を目指して頑張って下さいm(_ _"m)ペコリ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。