なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:30頃訪問。先客後客共に無し。店内は小ぢんまりとしており、L字型カウンターと壁対面式カウンターのみが設けられている。キッチリと清潔にされており、小洒落た雰囲気の空間だが、空調の効きが弱いのが難点。店主さん1人による切り盛りで、快活にして柔和な接客は非常に印象の良いものだ。

本メニューを選択。辛さの好みを訊かれ、「辛め」で頼んだ。暫く待って、小さな白い丼が配膳された。

麺は、うねりを有する真っ白い中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感が強く打ち出されており、汁無し系には文句無しの相性を見せてくれるタイプ。咀嚼と喉越しを存分に楽しめる。旨みも有る上質の麺だ。
量は、丼サイズに比例して少なめ。普通にメシとして食べるなら、大盛かライスを頼みたくなるところだ。

タレは、丼底に適量溜まっている。芝麻醤が効いたベージュっぽい色合い。強めのネットリ感を有する。
よく混ぜてから食べると、「辛め」で頼んだだけあって、辣油の辛さが結構強く感じられる。鋭くも上質の刺激が実に心地良い。山椒による痺れもしっかりと付与されており、本格的なスパイス感をもたらしているが、舌が麻痺し切ってしまう程では無く、他の要素、旨みがしっかりと感じられるのが有難い。実に自分好みのバランスだ。
胡麻も力強く主張。そのまろやかさが上述の麻辣に拮抗しており絶妙だ。文句無しの味の厚みがもたらされている。
途中から、配膳時に供された辣油と山椒を加え、さらに麻辣を増強。多量に発汗しながら食べ進めたが、これが実に爽快だった。

具として、挽肉は適量盛られている。クセの無い味付けで、タレや麺と絡ませて食べると非常に美味。
大小のクラッシュされたナッツもまた適量。味への貢献もさることながら、食感上の効果は絶大。
小エビ、細かく刻まれた中国式漬物の存在感も大きく、味に深み、奥行きをもたらしている。
他に、適度なサイズにカットされた青梗菜も良くマッチング。

本格派の汁無し担々麺を堪能した。味の面では何ら文句無し。都内有名店で食べるものと比肩しうる完成度を有していると思う。ただ、個人的には、丼の小ささが残念。せめて、平皿に盛られれば印象も変わって来るような気がするのだが。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。